アテニア ファンケル 違い

アテニアとファンケルの違い

アテニアは、ファンケルグループの会社です。

いったい、アテニアとファンケルはどう違うのか調べてみました。

 

ファンケルの化粧品には防腐剤や殺菌剤が使われていません。

このため、「フレッシュ期間」と呼ばれる消費期限のようなものが設けられています。

たとえば、モイスチャライジング化粧水(しっとり)では、未開封だと1年以内、開封後は、60日以内に使い切るようにと指示されています。

このフレッシュ期間を過ぎると、品質や機能が劣化するため、使用できなくなります。

特に敏感な肌だったり、防腐剤に刺激を感じる人は、このような縛りがあってもファンケルを愛用しています。

ファンケルの化粧品は常温で保管できるので、冷蔵しなければいけないというようなことはありません。

 

アテニアは、これに対して、肌に対するストレスフリーの化粧品を作っており、パラベン、合成香料、着色料、鉱物油、アルコールは使われていません。

ファンケルとは違い、フェノキシエタノールなどの防腐剤を使用しています。

アテニアのは、安心して使える品質、効果の高い成分を使いながら、毎日たっぷり使うことのできる、価格以上に価値のある化粧品を作っています。

宣伝広告や流通ルートの無駄を省き、自社の研究や開発を充実させて、低価格を実現。

化粧品には、独自に開発した美容成分も配合されています。

どちらも、お肌に優しい化粧品を作っていますが、省いている成分に違いがあります。

⇒topへ